keyboard_arrow_right
ED患者について

ED患者について

ED患者についてスーパーカマグラを使う人の中には、セックスの質を向上させるためだけに使用する人もいますが、大半はEDや早漏に悩み、なんとか治療したいと思っている男性たちです。

極論をいえば、ED患者や早漏の患者がすべていなくなれば、スーパーカマグラもほとんどいらなくなるでしょう。

しかし、現実的にはED患者も早漏患者も一向に数がへることはなく、むしろ増加傾向の一途をたどっています。

どうしてこれほどまでにED患者や早漏患者が減らず増えていっているのだろうか、今回はED患者の状況を調べてみることにしました。

2000年にさしかかる1998年の調査によると、日本人のED患者は1130万人にもいたそうです。

その1130万人の中の260万人は、完全に勃起することができず、性行為をすることもできません。

残り、870万人は、環境によりときどき起たない・ときどき性行為のできない中等度の患者でした。

この調査時点で、EDである割合が24%もありました。

そのため、4人に1人の割合で、ときどき性行為のできない中等度以上のED患者が報告されているということです。

ここで注目してほしいのが、この調査によって調べられた数字は、自分がEDであるという自覚症状のある男性だけの数であるということです。

「確信はないけどEDの疑いがある」という初期段階のED患者の数は含まれていません。

ということは、正確なED患者の数は揃っていないといことにより、少なからず調査結果以上の結果があるということになります。

現在もED患者の数は増え続けており、近い将来1800万人以上にもなるという予想が立てられていて、3人に1人、2人に1人がEDになるというおぞましい未来が、私たちを待ちうけているともいえるでしょう。